2010年1月上旬の詩咽








2010年 1月 5日(火)の詩咽

  

貼る人と剥がす人のいたちごっこの結果だと思うのですが、あそこまで高く貼ってしまうと、今度は文字が読むに読めないんじゃないかと。






















2010年 1月 7日(木)の詩咽

 


群馬の北軽井沢なるところに、それはもう大層な大人のアスレチックがございまして、そちらへA氏と遊びに行って参りました。今度は車で。

ことの起こりはA氏がタダ券をもらってきたところから始まりました。
調べてみると、利用料は3,000円くらいするし、今までアスレチックをするのに金を払ったことがなかったため、「これは!」と急いで現地へ向かったのでした。



どんな施設かと申しますと、簡単に図示すればこんなかんじ。


   


普通に生えている木々に足場を設け、また他の足場へと移動していくというものです。途中、コースによっては難易度が変わるため、お子様でもギリギリ大丈夫。相当ギリギリだけどね。

最初の入門編ですら、高さ3m〜4mくらいあるし、命綱の使い方を間違えるとかなり危険。そして後半になると基本10mクラスの木々に飛び移らねばならん難所だらけ。高さ14mからのターザンロープとか普通にタマが縮み上がります。うーん、まさに大人のアスレチック。




「あー?あれだろ?大人のアスレチックって施設が充実したラブホのことだろ?」といったような薄汚れた大人の人にこそぜひ行って欲しいです。




■フォレスト・アドベンチャー あさま
 http://forest-adventure.jp/






















2010年 1月 9日(土)の詩咽



これは、前方に蜘蛛の巣状に張り巡らされたロープに、ターザンしながら飛びつくアトラクションで、恐らくフォレストアドベンチャーの中でも屈指の恐怖スポットとなっております。

自ら一度飛び降りるような形でスタートを切らなければならないため、ドキドキしながらロープを握っていたら、後ろからA氏に突き落とされました。



今日の格言

「ボクハコロサレル」

火の鳥宇宙編 牧村宇宙飛行士より



































ホームへもどる