2009年12月上旬の詩咽









2009年12月 3日(木)の詩咽




初・伊香保温泉の高田漣さん
弦楽器のスペシャリストで、キーボードも含めて6種類(?)くらいの弦楽器をご用意されていました。今回はスチールギターを楽しみに来ていたお客さんもいらっしゃったようです。
ちなみに、噂によると俳優の大杉漣さんは、この名前にあやかって今の芸名にしているらしいですよ。

ライブもこの老舗旅館の雰囲気にぴったりの優しい音色で、asa-changさんのパーカッション(銅鑼を含む)と融合するように、お客さんの気持ちに溶け込んでいました。

珍しくおじいさんの一人客が高田さんの目の前にいたのですが、陶酔しすぎていたのかガクーンとしてたのでちょっと心配になりましたが、大丈夫だったようです。

    


それにしても、何でこんなに気さくなのかと。
YMOのサポートメンバーであったりと、そらもうすんごい経歴と技術をお持ちの方なのに、全然気取る欠片も見えやしません。今までいろんなアーティストさんとご一緒する機会がありましたが、その中でも特に自然体。(レイハラカミさんもすげぇ自然体だったけど)
オレの健康診断の結果まで真摯に聞いてくれるその姿勢、普通にありえない。

高田漣さんは、asa-changさんとともに、オレも大好きなサケロックオールスターズで一緒にバンドを組まれているのですが、CDを聞きながらのレコーディング秘話は大変面白うございました。


午前2時過ぎまで打ち上げに付き合ってくださったアーティストの皆様、遠くから来てくださったお客様、スタッフのみんな、今回も良きライブとなったことに本当に感謝しております!

次はサケロックオールスターズとか無理ですかねぇ、サイトウさん?











2009年12月 8日(火)の詩咽





        ↑                     ↑
       ブタ岡さん               クズ石


友人に「おまえ、ホント羨ましいなぁ!」と電話をかけると、「そーかー?」とすかした回答をいただきました。

いつも以上に指導に力が入りました。