目覚めの悪い夢






夢ってのは人の願望であったり、何かの暗示であったりするものと言われています。
オレの場合、そういった暗示うんぬんより、何か強烈に印象に残った出来事がそのまま夢に反映される特徴があります。

その日に起きた嬉しいこと、嫌なこと、映画の内容など多岐にわたりますが、とにかく感化されやすいってことなんでしょうか。


そんなある日、何かしらの影響を受けてか寝入った後に見た夢の内容がとても後味が悪く悲しい内容でした。

大抵、人の夢の話を聞くのって、ヤマもオチもなく退屈なものが多いのですが、今回はわりとストーリー性も豊かでしたので、記憶が熱いうちにお伝えしておきたいと思うのです。





夢の中で、オレは高校生でした。




本当の高校時代はブレザーだったにもかかわらず、なぜかガクランを着ていました。
自分の置かれた状況もわからず、教室の前の廊下でガクランを撫で回していると、担任らしき先生から檄を飛ばされます。


「おい、いつまで廊下にいるんだ!授業を始めるぞ!」


は、はい!

わけもわからず空いている席に急いで座ります。
一応共学のようで、教室内には女子もいました。
隣に座る女の子に、ここに座っていい?というジェスチャーをすると女の子はニッコリと微笑み、お返しにどうぞというジェスチャーをしてくれたのでした。

その女の子のそぶりから、これからの楽しい高校生活を予感してしまいました。




しかし、とても可愛い女の子なのですが、いかんせんクラスメイトなのに名前が一切わかりません。自分の周りのクラスメイトを確認してみますが、同様に知っている人が誰もいません。






どういった理由かはわかりませんが、オレはしばらく休学していたという設定らしく、周りの生徒もなんとなくオレに気遣っているような雰囲気が見て取れました。何年休学してたんだ、オレは。



「よーし、それじゃぁ出席をとるぞー。」


キョロキョロと忙しなく頭を振り続けていると、先生が出席確認を始めました。

前から順番に生徒の名前が呼ばれ、それに生徒が返事で応えます。その名前を聞いてるぶんに、やはり知っている人はいそうにありません。



「鈴木ー」  「・・・はい」


「山田ー」  「・・・はい」


自分の列の順番になり、同様に前から出席確認がされて・・・






飛ばされた。



なぜかオレの名前だけ呼ばれません。
休学明けなので忘れられているのか、それとも新手のいじめなのか、それを考える間もなく授業が始まってしまいました。


この時間は国語の授業らくし、他の生徒は机のうえに慌しく教科書を並べ始めました。

先生は生徒たちの準備が終わったのを確認すると、教科書をパラパラとゆっくりめくりました。どうやら誰に教科書を読ませるか思案しているようです。



「よーし、それじゃ先週の続きからだ。・・・・じゃぁケイスケ読んでみろ。」


先週休学してたのに!?

さきほどの出席確認といい、この先生はオレのことが大嫌いな節が見て取れるのです。

そして、どこから読めばいいのかさっぱりわからないうえに、オレの机の上には教科書がありません。


「机の中よ、教科書。」


隣に座る女の子が、教科書の場所をこっそりと教えてくれました。
泡を食って机の中を探すと分厚い本らしきものが入っていたので、勢いよく机のうえに引っ張り出しました。


しかし、それは教科書ではなく、月間ジャンプ並みに分厚い新聞の折り込み広告でした。


       


え?え?と困惑し、隣の女の子の方を見ましたが、なぜか目すら合わせてくれません。
もしかして休学の理由っていじめ?



「こらぁ!何をグズグズしているんだ!?」


なかなか読み出さないオレに先生が雷を落としました。


「139ページからだ!早く読め!」


チラシにページ数なんてふってあるはずもありません。
しかたなく、チラシをバサバサと広げますが、どこを読めばよいのか皆目見当もつきません。



   


モタモタしてたら、えらいこと言われた。


その後も映画フルメタルジャケットのハートマン軍曹なみにきついことを言われ続け、国語の授業が終わりました。





                        ___l,,,,,,,,,,,,___
           |           _,,,..-='''''~~~____::::::::::: ̄~~'''ュ
        |    _,,,...-='''''~~~:::::::::::::::::_,,-‐、ノノ、〉::::::::::::::_,.=''
       _,,,|..-='''''~~~:::::::::::::::::::::::::::::r''''~,="ツ, 、_〈__,,..= ''''~
 _,,,...-='''''~~~:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ~''~,ィ'~(i~  乂
(~::::::::::::::::::::::::::::r=~ _,,,_ :::::::::::::::::::    '  ̄ノ   ヽ
 ~''''''''''''''''''''''~(:::::(("~ヽ~ヽ :::::::::       ..:r   )
         ):::::ヾ、  l|_、_ :::::::        r`ー'f
         (:::::::::::`l、  _,-、         /  ヽ
         ヽ:::::::::::ゝ,,_ ノ         '  ,イノ  
          `i::::      :::l          .〈 〈 タマ落としたか!
           \     :::l          ヽ1  
            \    ::ヘ       ノ    ソ  
              \   :::ヘ    /    f   
               \      _,,..=ー---‐''
               
               【ハートマン教官】





  後編へつづく