「Tシャツの次」 後編




襟も伸びて色も褪せてしまったけれど、どうしても捨てるに捨てられないお気に入りのTシャツ。そんなTシャツの行き先、Tシャツの次をちょっとしたきっかけから発見いたしました。



それは、カフェでたまたま知り合った服飾人からの提案のひとつで「パンツ(下着)への再利用化」ということでした。

それまでの小難しい説明もなんのその「古Tシャツ→パンツ」という分かりやすい図式にオレと友人は目を輝かせました。

ちなみに当時、服飾人である彼が持ってきたカタログにあった作品の写真を以下で紹介いたしましょう。





bP パンツ名 【たれ汁インナー】






・・・・・・・・・・・・。


このド変態がぁッ!!!
一発目の写真からパンツにシミって!シミってあんた!

ストリートっぽいTシャツがベースになっているらしいんですが、こうなるとその面影もただの卑猥さにしか見えません。

冗談はさておき、80年代のグラフィティアートを彷彿させるインナーとなっておりますが、残念ながらもとのTシャツのサイズが小さかったため、大人が履くには少々布地が足りなかったようです。







bQ パンツ名 【伝説のパンツ】





・・・・はて?「伝説」とで大きく出たわりには、かなり普通なおパンツにしか見えません。

何かのひっかけ問題でしょうか?

伝説的にサイズが小さいとか大きいとか、生きたまま伝説となった往年の名スポーツプレイヤーが履いていたとかそういう引っ掛け問題的なことではないようです。





そこでちょっと拡大。





「ゼルダの伝説」のリンクさんじゃないですか!?

そら伝説になりますよ!さらにケツの部分には「ニンテンドウ パワー」と書いてあるそうです。うわぁ、オレが小学生の頃なら売ってたかもしれませんが、現代ではおそらく入手不可能な一品です。


オレのような30男にはたまらん出来栄えです。これを履いたまま罰ゲームでパンツ一丁になりたい。




bR パンツ名 【夜のチャンピオン】


これはちょっと写真がないんですが、パンツにチャンピオンロゴマーク(ラメ仕様)で入っている作品でした。名前もオレが適当につけてます。

きっともともとは普通のスポーツ用Tシャツか何かだったのだと思います。しかし、それがアンダーウェアとなると、これほどに大人を騒がせてしまう代物になってしまうのですね。これもひとつの性(サガ)なのでしょうか?





説明は特に不要かと。

何だか大人の意図的な策略の匂いを感じずにはいられません。



特に代表的なものをピックアップしてご紹介してまいりました、パンツコレクション!(本当はもっとオシャレなものもありましたが、あえてここでは紹介いたしません)



これを見て、血潮たぎらない男がいるでしょうか?
これを見て、「こんな男を抱きたい」と思わない女がいるでしょうか?

そうッ、男ならはけッ!女ならかぶれッ!!






妙なテンションになってきたので、次回解決編でお会いしましょう。


つづく