2008年2月中旬の詩咽











2008年7月11日(金)の詩咽




鬼ハンとは、鬼の角のように自転車のハンドルを折り曲げた状態のことを指します。


         

全国的にはどうか知りませんが、群馬県の高校生の中でも少しヤンチャな子の自転車の大半はこのような状態になっています。運転しやすいということはないでしょうから、たぶんカッコイイと思っている節が見受けられます。

















2008年7月11日(金)の詩咽




飛び出してきた老夫婦は笑いながらその場を去っていきました。
老夫婦の名前をスティーブとキャンディと仮定し、以下のような会話が為されていたかと思うと腸が煮えくり返ります。





     



「キャハハハハハ!!」

「おいおい、すこぶるご機嫌じゃないか?キャンディ」

「だって、聞いてよ、スティーブ!」

「あの顔見た!?鳩がポットバルカン(ガンダムの頭部についている武器)喰らったみたいな顔しちゃってさ!」

「ハハハ、それを言うなら鳩にスプレーガン(ジムの武器)の間違いだろ!?」

「それもそうね!!」





人知れず事故れ!!!















2008年7月13日(日)の詩咽



解説いたしますと、1着から3着までを当てる「3連単」のレースのことを言っています。正直、3つ当てるとなると組み合わせも多くなってくるため、初心者には何が何だかわかりません。





















2008年7月15日(火)の詩咽



当たる気がしねぇ!!
ギャンブル嫌い!

帰りに万車券が出た人にラーメンおごって貰いました。ごちそうさまっす。



















2008年7月16日(水)の詩咽




「死霊のはらわた」・・・今ではすっかりメジャー監督になってしまったサム・ライミ監督のデビュー作ですね。2作目からの突拍子もない展開に興奮を覚えたのが懐かしいです。
一作目ラストはまさにこのじゃがいもの如く破裂音の連続でした。

「ダークマン」とかもう一回見たいなぁ。
















2008年7月18日(金)の詩咽




結構前に竹中直人が映画化してましたよね。
疲れているときに見ると本当に和みます。













2008年7月19日(土)の詩咽

   



「24時間4万回の奇跡」はブノワ・マリアージュで、アキ・カウリスマキじゃなかったです。いやぁ、勘違い、勘違い。

先日、ダメ男三部作最終章「街のあかり」をようやく観ましてね。どこかつげチックな癒され方をするなぁ、と再発見した次第です。前作の「過去のない男」でもそう思ったかもしれんですけど。

この夏、癒されたい人は「つげ」と「カウリスマキ」ですよ。