【おかしな友人】


2007年4月28日(土)の詩咽

頼まれていたイベントのフライヤーをどうにか仕上げました。実験的に色塗りもしてみたのですよ。

しかし、今回のフライヤー作りに関しては、コレがデキ上がるまでの間に依頼人であるオーガナイザーをやっているアベさん自身がとんでもない一品を作り上げていました。正直、オレがデザインする必要ねぇだろ?という感もありましたが、それ事態アグレッシブ過ぎて飲食店などには貼ってもらえないという難点があったようです。

ともあれ、群馬の高崎周辺でこのフライヤーが置かれていると思いますので、ぜひお手に取っていただけたら幸いです。

次回、その問題のフライヤーを検証します。














2007年4月29日(日)の詩咽


えー、どこまでお話しましたっけ?
依頼されたフライヤーを渾身のカラーで仕上げたものの、それ以前にどえらいフライヤーが完成していた、という話でしたね。

そして、今回はそれについての検証ということになりますが、それにはまず、彼が一体何者なのかからお話しなければなりません。


        

彼の名前はヨウイチくん。
周りにおかしい友人はいっぱいいますが、彼は中でもとびきりS級の変態です。彼の逸話は大変面白く、酒宴の場ではとても重宝する存在なのですが、そのエピソードの多くが下品すぎて、こういったところでは描くことができません。


そして、その多くの逸話の中での最も多く登場するであろう単語は「全裸」であり、「全裸」無くして彼のヒーロー像を語ることもできないのです。



そのため、彼の似顔絵を描くと必然的にこのような形となります。

     

うーん、自然体。

そんな彼の逸話の中からライトなものをひとつチョイスしてお聞かせしましょう。


◆エクソシスト事件(※証言を忠実に再現したものです)

少し前の出来事ですが、彼の他に数名である先輩の家に遊びに行った時のことです。

その日は酒をしこたま飲み、雑魚寝する前に風呂に入ろうと話になりました。当然、アパートの風呂の大きさなんてたかが知れています。なのに何がどう盛り上がってか、男4人で風呂よ壊れろと言わんばかりに揉みくちゃになって入ったそうです。

もちろん体なんてろくに洗えるはずもなく、一番年下のヨウイチくんは泡だらけのまま外に出されてしまいました。
後でそれを見て怒ったのは家主です。それはそうでしょう、風呂は壊されそうだし、床は泡だの水だの何かの毛だのでビチョビチョにされているのです。

家主の逆鱗に触れ、すぐさまヨウイチくんが詫びを入れました。



   


もう服を着ていたにもかかわらず、わざわざ全裸になって土下座するヨウイチくん。最上級の陳謝表現である「土下座」に「全裸+靴下」というオプションを付加しての行動には、さすがの先輩を怒りを静めざるを得ませんでした。



しかし、おおよそ真後ろから見ていたであろう、別の先輩はその人間の尊厳というものを投げ出しての謝罪方法を見て思わず、

    

と、言ったそうです。


その言葉が、彼の中でどう捉えられたのかはわかりませんが、彼は「何を〜!」と唸ると、オリンピックでのレスリング中継を彷彿とさせるアクションを起こしました。

ババッ!

まさか先輩に襲いかかるのか!?と思われたその刹那、彼は体を反転させるとブリッジをしたまま、その先輩の方へと向かっていきました。
まるで、その姿は往年のホラー映画の傑作「エクソシスト」で呪われた少女が見せたアノ動きそのもの…いやさ、もっと性質の悪いものでした。



何が「どうだ!」なんだよ。何に対しての感想を求めてるんだよ。
もう自分で書いていて、友人は選んだ方がいいような気がしてきました。

きっと彼の気持ちとしては、「オレのポテンシャルは裸土下座くらいじゃ収まらなねぇんだ!どうだ!?見てみろ、この動きを!」くらいに思っていたのかもしれません。ただ、これは謝罪でも何でもないただの変態行為に過ぎませんが。







以上のことを踏まえたうえで、問題のフライヤーをご覧下さい。





          


女性の友人宅に遊びに行った際に、強引に取った奇跡の一枚です。なぜこんなに勝ち誇った顔ができるのかがわかりません。
この後、ヨウイチくんは下着を着用したまま、その持ち主にぼてくり回されてたそうです。(※後日、この下着は捨てられた模様です)



彼自身もこのフライヤーをいたく気に入っており、各飲食店を巡っては掲示をお願いしていました。



そら、貼ってくれねぇだろ。













2007年4月30日(月)の詩咽

今回、あのフライヤーをこの場で公表してしまったわけですが、普通の感覚であれば晒し者に近い扱いだと思うんです。それにあの写真はサイズこそ小さいから耐えられますが、本当は片側のドラゴンボールがはみ出ているのです。

ですから、事前にヨウイチくんに本当にいいのか?、と。お前のスーシンチュウが出ている写真が公開されちまっても問題はないのか?と最終確認をしました。



         


どMのヨウイチくんはむしろ全国区で晒されることに快感を覚えているようでした。気持ち悪い!





そのうち、描けそうなエピソードがあったら追加します。