2007年10月上旬の詩咽








【わらしべ長者】 序章



本当の話と【わら→ミカン→布→馬→長者】という動きらしいです世の中にはえらいことがあるもんで、赤いクリップを次々と交換し、最終的には家を手に入れた人もいるようです。

いやまぁ、ピサの斜塔からそんなとこまで高望みするでもなく、とりあえず第一回交換会に出向いてきます。


今晩くらいには様子を更新しますのでお楽しみに。
















2007年10月6日(日)の詩咽





どうもみなさんこんにちわ。先日怒りにまかせて書いた「大理不尽」は読んでいただけましたでしょうか?
何度打っても「代理婦人」と何かいやらしい誤変換して困っています。

今回の話は内容が内容なだけに掲示板やらメールやらでいろいろとお声をかけていただいております。ありがとうございます。

その中に変わったメールが来ていたのでご紹介しましょう。


「私は5年程前にPISAに行きましたが、
斜塔に登り、お約束の写真を撮っている間に日も暮れて、
お土産を買う事ができませんでした。
 
本当はもっと大きいものを探しているのですが、
もしご迷惑でなければ、何かと交換で譲って頂けると嬉しいです。」



本来なら「友人からもらったものですから、そういうのはちょっと・・・」とお断りするのですが、今回に限ってはそんな気兼ねする必要があるわけもなく、その申し出を受けさせていただきたいと思います。
 
欲しいモノはやまほどありますが、ドラゴンクエスト発売までにニンテンドーDSが何としてでも欲しい!
しかし、明らかにアレでは釣り合いませんから、少しづつ交換していって最終的には!といういやらしいことを考えついてしまいました。



というわけで、

思いつき企画【わらしべ長者 怒りの斜塔編】のスタートです。


とりあえず、同じ県内の人だったので、さっそく明日にでもブツブツ交換してきます。何がもらえるのかわかりませんが、我こそは!という人がいましたら、メールでお知らせください。
できるなら直渡しがいいですなぁ。群馬県近郊であれば時間を見て遠征も可です。



ただ、読み古しの少年ジャンプとかリアル生ものとか、そういうのは勘弁してください。