2007年6月上旬の詩咽






2007年6月10日(日)の詩咽



「あれ?お買い物にお出かけですか?」と声をかけたくなる銅像発見。














2007年6月9日(土)の詩咽



詳しい説明をすると、野手が故意に飛球(フライ)を落下させたのち、本塁、三塁、二塁と送球することでフォースプレイでの併殺を狙おうとする行為を締め出すために存在するそうです。

草野球レベルではなかなか宣告されることはないレアなルールです。













2007年6月8日(金)の詩咽




正直あまりの似てなさに「ジュード・ロウ」と言われた時は赤面しましたが、今となっては一筋の光明となっています。プリーズコールミー。














2007年6月7日(木)の詩咽




ホラーマンとはアニメ「アンパンマン」に出てくるキャラクターです。

特徴は
 ・ドキンちゃんに惚れている
 ・よくバラバラになる
 ・タフで打たれ強い
 ・人がいい
 ・ バイキンマンとつるんでいる

恐そういう特徴とか関係なしに顔が似ているというのが一番ショックです。














2007年6月6日(水)の詩咽



今から30年近く前に製作されたジョージ・Aロメロ監督作品「ゾンビ」のリメイク作品です。
理由もわからずにわんさかと増殖を続けるゾンビに追われて大型ショッピングモールに立て籠もる男女のお話なんですが、ものっそい好きだったんですよね、オリジナル。
今回も大筋は同じなのですが、普通ゾンビって「あーーうーーーあーーーうーーー」とか言ってゆらゆら歩いてくるだけじゃないですか?何を持って「普通のゾンビ」と定義付けるかはともかくとして、100m走並みに全力疾走して押し寄せるゾンビってのは思いの外怖かったです。
















2007年6月5日(火)の詩咽



聞き間違い王であるオレのことですから、「ミロード、ミロード」とか「臭うぞ、臭うぞ!」と言っていたのかもしれません。














2007年6月4日(月)の詩咽 




そのバットがオレの愛用品であるのが辛いとこです。
でも、ヒット打てたし効果があったのかしら?
















2007年6月3日(日)の詩咽




わかりづらい話なんで特別図解入りでご説明いたします。


  

トーナメントへの参加チームが多いため、長方形のグラウンドで2チームが同時進行で試合をしています。
この場合、オレはレフト守備のため、別チームのセンターと相向かいになってしまいます。自分のチームの守備固めはもちろんのこと、別チームからの後頭部への直撃も考えて動かなければならないため、2倍以上の疲労感を味わいました。ぶつかりこそしませんが、実際に何本か打ち込まれてましたし。

二度とここでは試合したくないです。















2007年6月2日(土)の詩咽

  


すっごい天然パーマさんですが、まずまずこれが似合っていて格好良かったです。天パに幸あれ。













2007年5月31日(木)の詩咽

【フリークライマーへの道】 おまけ 

一ヶ月ほどかかりましたが、フリークライムの話は終わりです。
また、面白い話があったら日記の方でも書いていきたいと思います。

それと、ホールドはクライマー達の血と汗が染みこんでいるせいか、ぶっ続けで登っていると手が臭くなりますが、それは名誉の匂いなんで我慢します。


        


■フリークライマーへの道
 第1話 第2話 第3話 第4話