ワンフェスに行ってきた 第5話





会場の風景を見ていると昨今のメイド萌えブームにも納得でした。すごいぞ、メイドさん!いっぱいいるぞ、メイドさん!何人、ご主人様がいるんだ、メイドさん!


よくよく見てるとメイドさんでだけでなく、あちらこちらにコスプレしている人々を見つけることができました。何のキャラクターなのかはわかりませんが、それっぽい服を着てるので一目瞭然です。駅から歩く人たちでやたらとデカイ荷物を持っていたのはこういうことだったのかもしれません。

いやぁ、誰か勢い余ってこの格好のまま帰らねぇかな。


しかし、コスプレイヤーって人種を自分の目で見るのは本当に初めてのことでして、見かけるたびに嬉しさの反面、驚きというか戸惑いというかというかそういった気恥ずかしさみたいなものが付きまといました。何でオレが照れてんだよ。

それは、同伴のキモシコ(フィギアを見つめる素振りがキモかったので、マサシコ→キモシコにクラスアップしました)さんも一緒で、会場でそういった人々を見つけては互いに教えあっていました。


「うわー!?ケ、ケイスケさん!」


本日、何度目かの驚嘆の声をマ…キモシコさんが挙げました。

何々?どうしたのよ?今、オレはこっちの武器屋見てんのよ。後にして、後。


「やばいですよ!うーしーろー!うーしーろー!」


少し小声で叫ぶキショシコさん。

何を騒いでんのさ、と後を振り向いた瞬間でした。










目の前には、全身着ぐるみの人。
ふいを突かれた形となり、思わず「ヒィ!?」という声を挙げそうになりました。さすがにそれは失礼よな。

もう何つーか、アニメキャラクター特有の人間の数倍はあるであろう大きな瞳に吸い込まれそうになりました。悪い意味で。




会場をさすらうフルフェイスコスプレイヤー


確かに驚きました。でも、改めて考えてみると、子供を対象としたショーとかでこういうのもあったかもしれない。そう考えると少し落ち着きが戻ってきました。

これはこれですごいんでしょうけど、もっとすんごいコスプレをしてる人がいっぱいいるのかなぁと思っていましたよ、オレは。しかし、会場内をざっと見ても汗くさい男だらけで、メイドさんを始めそれほどの数がいるとは思えません。


オレが不満を漏らすと、ちぎゅさんがコスプレの会場はここじゃなくて外だということを教えてくれました。さすが長老(経験者)!
何がどうあってか会場の外がコスプレをする所定の位置となっており、原則的にはここでのみ撮影がOKになっているようです。

そうと聞いたら自らの目で確かめない手はありません。
善は急げ、足早に外会場へと歩を進めました。


そして、寒空のもとコスプレ会場として位置づけられたスペースに着きました。

・・・・・。


外は別世界でした。ある意味異国。多分、場内の数倍は面白い。
この部分だけ独立宣言して共和国でも作ってしまうんではないかというくらい現実とはかけ離れた視界が広がっていました。



独立運動でも起きそうな会場の一部


さっきオレがドン引きしたフルフェイスコスプレイヤーがいっぱいたむろしています。犬夜叉みたいなのもいます。


こういう人たちもやはりプロです。よくわかりませんがそのキャラクター特有の動きなんでしょうか、カメラを向けられた瞬間、それっぽい動きをするんですね。すっごいなりきっているのです。

これがフルフェイスではなくて人間の顔の部分がモロに露出していてブサイクだったりしたら、ホント張り倒したくなるようなポーズや動きなんでしょうけど、これだけ完全武装しているとあたかも某ネズミ王国の人気ネズミのようです。




すごく訓練された動きをします



会場にいるのはこういうフルフェイスの人ばかりでなく、普通の人もたくさんいますよ。そして、その全員がそのキャラクター独自の世界観とでも言うんでしょうか、そういったものに陶酔しきっていました。




そんなすごい人々を写真が多くなってしまいますが、ご紹介いたしましょう。





ガンダムマークU(ティターンズ仕様)


すごくないですか!?これすごくないですか!?プラモじゃないですよ?
このマークUを見つけた瞬間、少年に戻りましたね。マジで駆け寄りましたもの。興奮のあまりちょっと漏らしそうになったわ。セイラさん見つけた時くらい興奮しました。
しかもすっごい強そう!ガンダムの名前は伊達じゃぁありません。曙くらいになら勝てそうだもの。

こういうロボット的なコスプレをする人は何人かいたのですが、これが一番凄かったです!







仮面ライダーの集い


何ライダーなんだか名前がわからないのですが、いっぱいいた。でも、ライダーはいっぱいいたのに、バイクが一台もなかった。
これも子供が見たら大興奮ですよ。一体どうやってこういうの作ってくるんでしょうね。

関係ありませんが、写真左端のライダーは旧型なのか輪に入れてないのが気になりました。ライダー内に派閥とかないことを祈ります。











説明不要ですよね。
何でいるのかわからない。フジテレビの取材かと思った。ガチャピンの新たなチャレンジシリーズかと思った。『ガチャピン、ワンフェス一人旅』とかなら本気で見たい。ガチャピンの視点からこの会場を是非ブッた斬ってもらいたい。

まぁ、しかしどう見ても本物ですよね。フジテレビから盗難とかあったら間違いなく犯人扱いされてしまうくらいにそっくりです。つかこれもコスプレに入るのか?





どうですか?ワンフェスやコスプレを見たことのないみなさん。

今まで、コスプレって聞くだけ嫌悪感を露わにするような人でもこれだけのものを見ると、コスプレというものに対して少し寛容になれそうじゃないですか?

オレはコスプレってもんを見直しました。



中の人の、素晴らしいコスチュームを作り出す技術力。


中の人の、キャラクターになりきろうとするそのリアクション。


中の人の、なにより人々を楽しませようとするその精神。



コスプレという言葉に眉根を潜める人は、一度こういった環境に触れてみるべきです。本当にすごいから。

本当に中の人は偉大です。

















つづく