2005年 1月下旬の詩咽





2005年1月31日(月)の詩咽


SpaceSfari情報C


今日はmandaractive feat.TEGWONをご紹介します。

兄・田村智、弟・タムラナツキによる兄弟ユニット。オーストラリアの原住民・アボリジニの使う世界最古の木管楽器Didgridooを操り、伝統的奏法にとらわれない、独自のスタイルで新たな木管楽器の可能性を追求している。
年間を通して多くの期間を過ごしているバリ島のクラブでも様々な アーティストと競演。今回はjam bandのTEGWONがサポートで参加!



上の絵はディジュリジュウの間違いです

以前、一緒にイベント(6月12日の絵日記)に出てくれたマンダラクティブの田村兄弟の出演を聞いた時はすっげ嬉しかったです。
で、山ごもり中の兄ちゃんに電話で「絵書くよー」と伝えると、「信頼してるから好きに書いてくれー」とのことだったので、本当に好きに書いてみました。絵から全然音楽性とか伝わらないところがポイントです。でも必見です!














2005年1月30日(日)の詩咽




水につけて再生をはかってます。














2005年1月29日(土)の詩咽




まぁ仕方ないな、と思いました。
















2005年1月28日(金)の詩咽



桐生の「マッシブなんたら」(なんたら部分は忘れました)というクラブイベントに行ってきた。DJの人がやたらとテキーラを勧めてくれるので半端ねぇ盛り上がった。盛り上がりすぎてまた全裸になってる人がいた。ケツをスパンキングしてやった。















2005年1月26日(水)の詩咽


SpaceSfari(4/30)情報B

今日はイベントの特徴を紹介します。



1ドリンク1フードなんてのは珍しくないんですが、今回は1ブレッド(NATTY BREAD)付きです。
何つーか数百人がみんな片手にパン持って踊ってたりしたらすごく面白いと思うのです。どんなイベントだよ、と。
みんなモッサモッサ食ったらいいんだ。














2005年1月25日(火)の詩咽



マイク使ってるオレよりデカイ声で罵倒された。
「あぁいう人だから」と他の方がフォローしてくれたがどうにも納得できない。













2005年1月24日(月)の詩咽



堅いモンを食わなくなったのが原因かもしれません。
「我こそは現代人!」と自負する人は膨らましてみるといいです。痛くならなかったら原始人な!














2005年1月23日(日)の詩咽


SpaceSfari情報A

出演者の告知です。

HIFANA


KEIZOmachine!とジューシーによるブレイクビーツユニット。
ライブではプログラミングやシーケンスを一切使用せず、リアルタイムにサンプラーのパッドを叩いてビートを刻みスクラッチやパーカッションを乗せていく。一方CDやレコードなどで聴ける楽曲ではプログラミングやシーケンスをふんだんに使用し独特のHIFANAサウンドを作っている。(mijaさん談)


うん、なんつーか難しくて半分もわかんないけど、DVD見た感想は「とにかく生で見てみたい!」でした。
で、オレ風に紹介させてもらうと・・・



コレが主ではないんですが、すげぇテクニックにとにかく目を引きました。

一緒にDVDを見ていた4人に「こんな変な楽器やってる人いるんかなぁ?」と聞くと、オレ以外の全員がユーザーでした。恐るべしアサラト。刺さるぞ!アサラト!












2005年1月22日(土)の詩咽




この際だから少し減らした方がいいかもしれない。